ニュース NEWS

HOME > プログラム > ニュース

信頼されるバランスのとれたニュース

MBCニュースは過去50年間、全国で最も速く、正確かつ公平な情報を伝達し、国民の目と耳となってきました。
MBCニュースは、16の地方系列局と8の海外支社 からの取材記事とCNN、APTN、NBC、Reutersなど、
世界有数の放送局との受信契約を通じ、視聴者の家庭に世の中の「今」を伝えます。
MBCは『時事マガジン2580』、『100分討論』、『経済マガジンM』、『統一展望台』など政治、経済、社会、
文化の各分野における深層分析番組を制作しています。
MBCニュースは、最も信頼できる情報源として国民に愛されています。

 

テレビ開局時の報道番組

1969年 11月
テレビ開局時の報道番組と放送時間
プログラム 放送時間
MBCニュース、天気 日 22:10 ~ 22:30
MBCニュース 日 18:45 ~ 19:00
22:30 ~ 22:45
カメラレポート 月/水 19:00 ~ 19:10
ワールドニュース 月-土 19:55 ~ 22:00
今日の世界 日 08:15 ~ 08:35

2015テレビ報道番組

2015年 4月 基準
2015テレビ報道番組と放送時間
プログラム 放送時間
ニュースデスク 月-金 19:55 ~ 20:55
土/日 19:55 ~ 20:45
ニューストゥデイ 月-金 06:00 ~ 07:50
土 06:00 ~ 07:30
ニュース24 月-金 24:35
MBCニュース 月-金 05:00 ~ 05:10
09:30 ~ 09:45
12:00 ~ 12:20
15:00 ~ 15:10
イブニングニュース 月-金 17:00 ~ 18:20
時事マガジン 2580 日 23:15 ~ 24:05
100分討論 火 12:20 ~ 25:50
MBCワールドレポート 土 07:30 ~ 08:00
経済マガジンM 土 08:00 ~ 08:45
統一展望台 火 15:40 ~ 16:25

MBCスクープベスト10

  • 1969大統領3選改憲案奇襲処理
    1969年9月14日早朝。大統領3選改憲案奇襲処理。国会の現場では、次のような声が響きました。「(国会議員)3分の2以上が賛成し、可決されたことを宣言します」MBCニュースで報じられたこの歴史的な瞬間は、3選改憲に対する国民的な抵抗につながりました。
  • 1974陸英修(ユク・ヨンス)
    女史襲撃事件
    1974年8月15日、光復節記念式典で起きた陸英修女史の襲撃事件当時、MBCは2,000mmのズームレンズでスクープ映像を撮りました。MBCは、当時の状況をスローモーションビデオに再構成し、スーパーにタイムコードまで含めて単独放送し、スローモーションビデオテクニック画面を使ったこの報道は、同年の韓国放送大賞を受賞しました。

    ※ 陸英修:第5~9代大韓民国大統領・朴正煕の妻

  • 1977裡里駅火薬列車爆発事故
    1977年、数千人もの死傷者を出した全羅北道裡里駅の火薬列車爆発事故。MBC取材陣は、避難中の乗務員に単独インタビューを行い、ろうそくの火が火薬に燃え移った事件の経緯を最初に世間に知らせました。
  • 1983ラングーン爆弾テロ事件
    1983年、全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領のビルマ訪問時に発生したテロ事件。爆弾が爆発する状況下でも、MBC取材陣は惨事の現場をカメラに収めました。
  • 1988池康憲(チ・ガンホン)
    脱走事件
    1988年、刑務所移送中に発生した、「有銭無罪、無銭有罪」という言葉を残した脱走事件。ピストルを持って警察と対峙している池康憲の姿は、衝撃と緊張、心配と同情といった複雑な感情を交差させました。
  • 1989全斗煥(チョン・ドゥフ
    ァン)元大統領隠居
    1989年、全斗煥元大統領が百潭寺で隠居している姿を単独撮影したシーンは、取材を最後まであきらめない執念の勝利でした。
  • 1990三党合同
    1990年に政界再編史上初の巨大与党を発足させた三党合同のこともMBCニュースが初めて報道し、大きな波紋を呼びました。
  • 1992国立科学捜査研究所の
    虚偽鑑定疑惑
    1992年、国立科学捜査研究所の虚偽鑑定疑惑を報じました。ホン・スングァン記者はスクープをつかみ、自信を持って「(国立科学捜査研究所の取材源が賄賂の額など具体的な内容をすべて打ち明けました」と伝えました。6ヶ月間の追跡の末、カン・ギフン氏遺書代筆事件のでっちあげの可能性を指摘した、告発報道の真髄でした。
  • 2005ロシア油田開発投資疑惑
    事件
    1999年の大田法曹不正スクープ、2005年のロシア油田開発投資疑惑事件(オイルゲート)、そして同年、権力と資本の醜い関係を暴き、韓国を激しく揺るがした別名「国家安全企画部(現在の国家情報院)Xファイル」事件が起きました。イ・サンホ記者がスクープしたこの事件は、言論の自由とマスコミの情報取得過程と公開に関する社会的論争に火を付けました。
  • 2009ろうそくデモ判決過剰介入
    2009年には、シン・ヨンチョル最高裁判事がろうそくデモの判決に過剰介入したことを単独報道し、韓国記者賞を受賞するという栄誉に輝きました。当時、『ニュースデスク』のアンカーは、冒頭で次のように話しました。「今からお伝えする裁判所の話は、外部では非常に分かりづらいと思います」
ニュースデスク
歴代アンカー
ニュースデスク歴代アンカー