時事およびドキュメンタリー番組

HOME > プログラム > 時事およびドキュメンタリー番組

新たな視点で社会を眺める時事番組

1990年、「我々の時代の正直な目撃者」として始まった『PD手帳』は、
韓国のマスコミにおけるプロデューサー・ジャーナリズムの本格的な出発を知らせました。
2005年には「黄禹錫(ファン・ウソク)博士のES細胞論文不正事件」を取り上げ、
聖域なき批判と粘り強い取材の典型を見せました。

MBCのドキュメンタリ番組ーは、あたたかな視線で社会的弱者や一般の人々の声に耳を傾け、
『人間時代』や『ヒューマンドキュメンタリー愛』など数多くの話題作を放映し、地球環境問題をテーマにした
『アマゾンの涙』、『北極の涙』、『南極の涙』は、世界でもその優秀性を認められました。

MBC時事およびドキュメンタリー番組は、New York TV Festival、
Banff World Media Festival、ABU賞、Earth Vision、Asian TV Awards、Japan Wildlife Festival
といった国際テレビ番組祭で受賞するなど、その素晴らしさを認められました。

 
年度別の時事・ドキュメンタリーの変遷
~1970
  • 生活情報番組の登場 (1969年テレビ開局)
  • 『イム・テックンのモーニングショー』 (1969) 韓国初のパーソナリティトーク番組
  • 『奨学クイズ』 (1973) 高校生対象のクイズ番組
イム・テックンモーニングショー  イム・テックンモーニングショー(1969)
1980
  • 『ポポポ』 (1981) 韓国を代表する幼児向け番組
  • 『チャ・インテの出発!新しい朝』 (1984) 朝の生活情報番組の登場
  • 『韓国野生花の四季』 (1984) 自然ドキュメンタリーシリーズの始まり
  • 『人間時代』 (1985) ヒューマンドキュメンタリーの典型
  • 『名作の故郷』 (1985) 文化芸術ドキュメンタリーシリーズ企画
  • 『母の歌』 (1989) 歴史意識と批判意識を盛り込んだ番組の幕開け
ポポポ  ポポポ (1981) チャ・インテの出発!新しい朝  チャ・インテの出発!新しい朝 (1984) 智異山の四季 (1986)  智異山の四季 (1986) 名作の故郷  名作の故郷 (1985) 母の歌  母の歌 (1989)
1990
  • 『PD手帳』 (1990) プロデューサー・ジャーナリズムの代名詞
  • 『警察庁の人々』 (1993) インフォテインメント番組の登場、再現ドラマ化の活用
  • 『干潟は生きている』 (1994) 韓国放送大賞最優秀作品賞受賞、ABU賞作品賞受賞
  • 『10時、イム・ソンフンです』 (1996) 朝のトーク番組
  • 『700年前の約束』 (1996) MBC初の長期プロジェクト
  • 『今なら言える』 (1999) 証言ドキュメンタリー
  • 『MBCスペシャル』 (1999) 時代精神を反映した正統派ドキュメンタリー
PD手帳  PD手帳 (1990) 警察庁の人々  警察庁の人々 (1993) 干潟は生きている  干潟は生きている (1994) 10時、イム・ソンフンです  10時、イム・ソンフンです (1996) 700年前の約束  700年前の約束 (1996) 今なら言える  今なら言える (1999) MBCスペシャル  MBCスペシャル (1999)
2000
  • 『ワ!e素晴らしい世界』 (2000) インフォテインメント型の教養番組
  • 『黄砂』 (2002) 『氷河』 (2004) 環境関連のドキュメンタリー
  • 『W』 (2005) 韓国初の国際時事番組
  • 『不満ゼロ』 (2006) 消費者の権利追求
  • 『ドクターズ』 (2006) 新しい概念の医学ドキュメンタリー
  • 『PD手帳』 (2005) 「ファン・ウソク神話の卵子疑惑」
  • 『ヒューマンドキュメンタリー愛』 (2006) シリーズ
  • 『黄河』 (2007) 韓中国交正常化15周年記念
  • 『恐竜の地』 (2009) 最先端のCG技術で復元
  • 『北極の涙』 (2008) 『アマゾンの涙』 (2009) 『アフリカの涙』 (2010) 『南極の涙』 (2011)
W  W (2005) ヒューマンドキュメンタリー愛  ヒューマンドキュメンタリー愛 (2006) 北極の涙  北極の涙 (2008) アマゾンの涙  アマゾンの涙 (2009) アフリカの涙  アフリカの涙 (2010) 南極の涙  南極の涙 (2011)